知っ得情報満載!火災保険の特約について徹底解説

個人賠償責任保証特約でまさかの事故も安心

火災保険には、各損害保険会社ごとに、ユニークな特約がいっぱい用意されているってご存知でしょうか?火災保険の特約には、じつに様々なものがあり、オプションを活用することによって、火災保険がもっともっと便利になるんです。個人賠償責任保証特約も、そんな便利なオプションの一つです。日常生活で、不注意により他人に怪我をさせてしまったり、他人のモノを壊してしまったときに、損害賠償費用を肩代わりしてくれるというものです。火災保険の加入者だけでなく、配偶者や同居の家族が起こした損害についても、補償の対象となるんですよ。

建物管理賠償責任補償特約って何?

建物管理賠償責任補償特約というのも、火災保険の人気オプションの一つです。この特約は、家などの建物の管理不備によって、他人に怪我をさせてしまったときに、その治療費や損害額が支払われるという内容になっています。庭に植えていた木が風で倒れてしまい、駐車してあった車を壊してしまったときにも、この特約に入っていれば大丈夫です。台風による強風で、家の屋根が飛ばされ、運悪く通行人に怪我をさせてしまっても安心です。

ご近所さんに迷惑をかけないための類焼損害補償特約

類焼損害補償特約というオプションは、自分の家が火事になり、さらにその火が隣家まで燃え広がってしまし、隣の家を全焼させたとしても損害を補償してくれます。つまり、自分の家だけでなく、隣の家まで火災保険の対象とすることができるという特約なんです。日本の街は、狭い土地に住宅が密集しているので、一度火事が起こると、次々と類焼していくことも珍しくはありません。この特約に加入していれば、火事で迷惑をかけたとしても、ご近所さんに最低限の責任だけは果たすことができそうです。

火災保険とは大切な家を守るためにあるもので、火災になったときにいくらかの保険料をもらうことができるものです。