リスクの高い取引方法!?信用取引とはどんな取引か

信用取引について考えてみる

信用取引というのは、どんな取引方法なのでしょうか。信用取引は、簡単に入ってしまえばお金を借りて株式の取引をするということです。信用取引の信用という言葉は、要するに信用でもってお金を借りるということであり、資金を担保にして証券会社からお金を借りることによって取引ができるようになるわけです。したがって、信用取引ではキャパシティ以上の取引をすることが可能になりますね。100万円しか持ってなくても、信用取引によって300万円の株式取引ができるようになるわけです。

レバレッジをきかせるということ

信用取引のみそとなるのは、つまりはレバレッジをきかせることができるということです。レバレッジとは「てこ」のことであり、要するに小さい力で大きなものを動かすということですね。信用取引というのは、もともと資金が少ない人が大きな取引をするために利用する取引方法ですね。信用取引の大きな強みとして、それまで高価で手が出せなかったような銘柄の株式をレバレッジをきかせることによって手に入れることができるようになるということなのです。

リスクを知っておくこと

このように、信用取引は資金以上の取引ができるようになる取引方法ですが、もちろんその分リスクの高さは一般的な株取引よりも上昇してしまうものです。信用取引は証券会社からお金を借りて行う取引であるため、もちろんお金を借りている分の金利が生じてきますよね。その金利を毎月返していかなければいけませんが、もし金利が貸せないような状況になってしまうと、担保として預けておいたお金の行く末はこちらの与り知らぬことになってしまうわけです。信用取引はこうしたリスクを認識したうえで始めるべきものですね。

信用取引を活用すると、自己資金の3倍近くの金額で株式の売買が可能です。自己資金の範疇を超えて、大きな利益を狙えるというメリットがあります。