専門学校でゲーム開発、作成の技術を学んで見よう!

今も昔もゲーム業界は人気がある。

誰もが一度は遊んで事があるのがゲームというものです。子供の頃にテレビゲームに夢中になってしまった方も沢山いますよね。そして、そのゲームが好きで、今度はそれを自分の手で作ってみたいという方は、専門学校に通ってその開発の技術や知識を磨いて行きましょう。ゲーム開発は高度なプログラミングやデザイン等の専門知識やシナリオを作るテクニックなどが必要ですが、そのような知識なども、全くの予備知識皆無の状態から教えてくれますよ。

ゲーム業界への就職の近道は専門学校にあり!

なかなかゲーム開発に特化した知識などは、一般的な学校では教えてくれません。なので、高校を卒業されて、将来はゲーム開発技術者やデザイナーになりたい方は、専門学校に願書を出していくと良いですね。専門学校に通えば、素人でも、1~2年の短期間でプロになることも出来ます。就職も文系の4年生大学を卒業した方よりも、ゲームの専門学校の卒業者の方が企業が欲しがることも多いです。専門学校を利用して就職も成功させましょう。

業界で使われているソフトの使い方なども身につく

また、専門学校で学べるのは知識だけでなく、業界で利用されているプロ向けのソフトの使い方なども実習を通して学べます。CGやイラスト作成、3DCGやプログラミングなどは業界スタンダードとなっているソフトがありますので、その技術を習得することが出来れば、それだけ就職の時に有利になってきます。専門学校に行けば入社した後に、即戦力として使える技術も身に付けられるのも魅力です。プロを目指す方や、転職を考えている方は専門学校という選択肢もあります。

ゲームの専門学校で学ぶ事などでは、映像やゲームのプログラムと言った専門的な知識をそこで得てゲームの仕事に就く事が出来ます。

「宅建」てなに?資格の概要とおすすめ勉強方法

宅建とは、どんな資格?

「宅建」の正式名称は、宅地建物取引士(2014年までは宅地建物取引主任者と呼ばれていました)です。彼らをひとことで言うと「不動産取引のプロ」!不動産を行う事業者は、法律によって、各営業所に最低一人以上の宅地建物取引士を配置しなければならないことになっています。そのため、不動産業界で働く人にとってはもちろんのこと、マンションの部屋を借りる等の不動産に関する契約をする人にとっても有益な資格になっています。宅建士の資格を持っていれば、不動産業界で働く際にメリットになることは間違いないでしょう。

宅建士の試験の内容は?

試験範囲は、大学学部レベルの民法、宅建業法、都市計画法がほとんどを占めています。また、その他に税法や土地の利用規制に関することなども含まれています。宅建試験は一年に一回行われ、2時間かけて50問の問題をときます。ボーダーラインはおよそ6~7割となっていますが、年によって違うため注意してください。現在では、試験の問題・解説を載せているウェブサイトもあるため、一度見てみるのもおすすめです。また、宅建専用のスクール・通信教育もあります。

宅建のおすすめ勉強方法

一見難しそうに見える宅建試験ですが、試験はすべてマークシート方式のため、こつこつと勉強していけば十分合格を目指せます。おすすめは「過去問」。過去問を繰り返し解くことで、問題の形式に慣れながら中身を理解することができます。過去問を解くときは「なぜ他の選択肢は間違いなのか」まで説明できるように意識して学習を進めると良いでしょう。法学部を卒業している方の場合は、書店で基礎的なテキストを買って、独学で合格を目指すことも可能だと思います。

宅建の講座を利用すると効率的な学習によって、試験の対策もしっかりと行えるので合格を目指したい場合には最適です。

知らなかった!?資格試験の効率的な勉強方法とは?

資格学校に通って勉強する

資格を取得するためには、その資格にあわせた勉強方法を取る事が大切ですよね。間違った勉強方法を取ってしまう事により、試験に合格する可能性が下がってしまう事も十分に考えられるでしょう。しかし、資格学校に通う事によってプロからの指導を受ける事により、資格試験に合格する事の出来る可能性が高まるんですよ。また、複数の資格試験の学校を比較して、合格率の高い学校を選ぶ事により、更に合格する可能性を上げる事が出来るようになるでしょう。

間違った問題を解説してもらう

資格を取得するための試験に合格するための方法としては、たくさんの問題を解くことが重要ですよね。自分が正解する事のできた問題については、試験で間違わないようにしっかりと覚えておく必要がありますよ。そして、間違ってしまった問題については、間違った部分をそのまま放置しない事が大切だという事が出来るでしょう。自分が何故間違ってしまったのかを考え、どうしてもわからなければ先生に質問をするなどして点数を取れるようにすると良いですよ。

今までに出題された問題を解けるようにしよう

試験に合格するためには、ただ知識を頭に入れるだけでは不十分だと言えるでしょう。自分が今まで覚えてきた知識を試験本番でしっかりと出すためには、今までにどのような問題が出題されてきたのかを把握する必要がありますよ。どのような問題の問われ方をされたとしても、解答をすることが出来るように何度も問題を解いておく事が大切でしょう。このような対策を取る事によって、今まで見たことの無い問題が出たとしても対応する事が出来るようになりますよ。

中小企業診断士の講座では、学生や会社員、主婦など多くの人が国家試験合格に向けて講座を受講しています。

簿記の勉強はコツがある?試験対策として有効な簿記の勉強法

就活や実務など様々な所で役立つ簿記の知識

就活や企業の実務で役立つ資格が簿記検定ですよね。その検定を持っていたり知識を持っていると、様々な所で役立ってきます。特に就職活動の時に、その知識を持っていると優遇されることも多いです。また、高校生の場合は大学進学の時の高難易度の簿記検定の資格を持っていると、授業料が一部免除になったりとメリットもあります。高校生や大学生から、社会人に至るまでその検定と知識は生きてきますので、まだ取得していない方は挑戦してみましょう。

より検定試験に合格しやすくなるための勉強法

ただそのような簿記検定を取得したい場合は検定試験を受けなければ行けないですよね。試験も通常は1~3級まで用意されており、1級や2級ともなれば、商業簿記の知識だけでなく工業簿記の知識が問われるなど難易度も上がってきます。と、そこでオススメしたい勉強法が、過去問を重点的に解いていく事です。簿記検定の多くは、過去問にあったような問題が頻繁に登場することも沢山あります。なので、過去問を重点的に解いていけば、点数アップも望めます。

専門の学習機関で勉強するのもあり

ちなみにその簿記の検定は独学でも取得することは可能ですが、専門の学習機関に通いつめて勉強を行い取得するのも良い方法となってきます。勉強嫌いな方や学習ペースを作るのが苦手な方は最適です。また、学習機関を利用すると、過去問などから試験の傾向を分析して教えてくれたり、模擬試験として出してくれたりします。効率良く勉強をしたいなら、その学習機関を利用するのが無難ですね。以上のような方法簿記検定試験に合格して、その資格を取得していきましょう。

会計知識を身につけるために、簿記の資格を取るのはとても良い方法です。そんな時には簿記の講座を有効活用してみると、効果的に勉強を進めることができるでしょう。

ちょっと待って!自己破産の前に過払い金がないか確認を!

借金が返せないと自己破産しかない??

消費者金融などから借りた借金が膨らみに膨らんで「もう返せない!」「自己破産しかない!」と嘆いている方もいるでしょう。そういう方は、自己破産の前に消費者金融などに過払い金がないか、一度確認をしてみることをおススメします。過払い金がある場合、嘆きの元凶である借金をゼロにできる場合もありますし、運が良ければ手元に多額のお金が戻ってくることもあります。とにかく絶望する前に、弁護士などに相談してみてはどうでしょうか?

過払い金ってどいういうもの?

過払い金とは、消費者金融やクレジット会社などの貸金業者が、法律で定められた上限を超えて借主から回収してきた利息のことをいいます。簡単に言えば払う必要のなかったお金ですから、当然取り戻すことができます。借主が利息分として支払ってきたお金であっても、法律に違反して支払う必要のなかった利息分のお金は、借金の元本返済に充てられることになるため、いつのまにか利息として払ってきたお金で元本が消滅している場合もあります。この場合に、払いすぎたお金を取り戻すことができるのです。

それでも借金が返せない!という場合でも

とりあえず過払い金がないかは、弁護士や司法書士などの専門家に相談してみましょう。地域での無料相談会を開催している場合もあるので、それをりようするのも良いでしょう。ただ、過払い金があったとしてもまだ返せないほどの多額の借金が残ってしまう場合や、過払い金がそもそもなかった場合などには、自己破産も視野に入ってくるでしょう。その場合でも恐れることはありません。自己破産は、自分から話さなければ周囲にばれることはありませんし、自己破産をしたところで、クレジットカードなどの審査には通りづらくなりますが、日常生活にあまり影響はありません。この場合も無料相談などを利用して弁護士などの専門家に相談してみましょう。

借金の返済が出来なくて自己破産をしたい場合には、法律の専門家の弁護士に相談をすることが非常に大事です。

就業規則のココを確認してトラブル回避!休日・シフト・時間

年間休日数だけでは分からない休日の実態

正社員・アルバイト・派遣など、どんな雇用形態に限らず就業が開始した後に「思っていた労働環境と違う」という経験は誰にでもあるかと思います。求人や面接時に提示される「年間休日110日」や「実働8時間」という条件は賃金の次に大事なポイントです。しかしこの表記だけを鵜呑みにして就業をするとトラブルの元になるケースが多いのです。例えば年間休日110なら単純に12ヶ月で割ると、9.16日、「毎月約9日の休みがもらえるのだな」と普通なら思うでしょう。ところが、夏季休暇や正月休みが4日間連続であるとしたらどうでしょう。その月は連続して勤務しなければいけない日が増えたり、他の月にしわよせがきたりと、定期的に休みをとるよりも仕事がキツくなってしまいますよね。

実働時間だけでは分からない落とし穴

「実働時間8時間」とあると、平均的な労働時間に見えます。が、「拘束時間」の確認はしているでしょうか。始業・終業・休憩の3つを確認することで拘束時間の表記がなくても確認できます。もしも朝9時始業で19時終業とあれば、間に休憩が2時間あるということです。実働時間が短くても拘束時間が長い場合もあり、学生やかけもちでバイトをしたい人にはトラブルの元になりやすいのです。シフト表記も要注意です。早番や遅番、それ以外の複数の勤務時間がある場合、新人は人手が足りなかったりキツイ時間帯に割り当てられる可能性もあります。しっかりと自分の要望や入れない時間帯を伝えましょう。

不満やトラブルを未然に防ごう

事務職で週休2日とあったので土日休みだと思っていたら、日曜一日と平日だった、実働5時間とあったが8時間も拘束された、別の場所に移動する場合移動時間を実働時間に含めてもらえなかった等のトラブルを防ぐために、「雇用契約書」と「労働条件通知書」を確認しましょう。基本的にはこの2つに明記されます。また面接時にも口頭で質問をして疑問を解消したり、採用後に就業規則を確認させてもらいましょう。書類上では健全な条件であっても、実情とのギャップはあるものです。自分の確認によってできるだけそのギャップを埋めて、気持ちよく働けるようにしたいものですね。

会社員にとって就業規則があるのは当たり前ですが、一言一句目を通したことがある人は少ないのでは。実はしっかり読むと規則の落とし穴、逆に利益となる発見があるかもしれないです。