ちょっと待って!自己破産の前に過払い金がないか確認を!

借金が返せないと自己破産しかない??

消費者金融などから借りた借金が膨らみに膨らんで「もう返せない!」「自己破産しかない!」と嘆いている方もいるでしょう。そういう方は、自己破産の前に消費者金融などに過払い金がないか、一度確認をしてみることをおススメします。過払い金がある場合、嘆きの元凶である借金をゼロにできる場合もありますし、運が良ければ手元に多額のお金が戻ってくることもあります。とにかく絶望する前に、弁護士などに相談してみてはどうでしょうか?

過払い金ってどいういうもの?

過払い金とは、消費者金融やクレジット会社などの貸金業者が、法律で定められた上限を超えて借主から回収してきた利息のことをいいます。簡単に言えば払う必要のなかったお金ですから、当然取り戻すことができます。借主が利息分として支払ってきたお金であっても、法律に違反して支払う必要のなかった利息分のお金は、借金の元本返済に充てられることになるため、いつのまにか利息として払ってきたお金で元本が消滅している場合もあります。この場合に、払いすぎたお金を取り戻すことができるのです。

それでも借金が返せない!という場合でも

とりあえず過払い金がないかは、弁護士や司法書士などの専門家に相談してみましょう。地域での無料相談会を開催している場合もあるので、それをりようするのも良いでしょう。ただ、過払い金があったとしてもまだ返せないほどの多額の借金が残ってしまう場合や、過払い金がそもそもなかった場合などには、自己破産も視野に入ってくるでしょう。その場合でも恐れることはありません。自己破産は、自分から話さなければ周囲にばれることはありませんし、自己破産をしたところで、クレジットカードなどの審査には通りづらくなりますが、日常生活にあまり影響はありません。この場合も無料相談などを利用して弁護士などの専門家に相談してみましょう。

借金の返済が出来なくて自己破産をしたい場合には、法律の専門家の弁護士に相談をすることが非常に大事です。