「宅建」てなに?資格の概要とおすすめ勉強方法

宅建とは、どんな資格?

「宅建」の正式名称は、宅地建物取引士(2014年までは宅地建物取引主任者と呼ばれていました)です。彼らをひとことで言うと「不動産取引のプロ」!不動産を行う事業者は、法律によって、各営業所に最低一人以上の宅地建物取引士を配置しなければならないことになっています。そのため、不動産業界で働く人にとってはもちろんのこと、マンションの部屋を借りる等の不動産に関する契約をする人にとっても有益な資格になっています。宅建士の資格を持っていれば、不動産業界で働く際にメリットになることは間違いないでしょう。

宅建士の試験の内容は?

試験範囲は、大学学部レベルの民法、宅建業法、都市計画法がほとんどを占めています。また、その他に税法や土地の利用規制に関することなども含まれています。宅建試験は一年に一回行われ、2時間かけて50問の問題をときます。ボーダーラインはおよそ6~7割となっていますが、年によって違うため注意してください。現在では、試験の問題・解説を載せているウェブサイトもあるため、一度見てみるのもおすすめです。また、宅建専用のスクール・通信教育もあります。

宅建のおすすめ勉強方法

一見難しそうに見える宅建試験ですが、試験はすべてマークシート方式のため、こつこつと勉強していけば十分合格を目指せます。おすすめは「過去問」。過去問を繰り返し解くことで、問題の形式に慣れながら中身を理解することができます。過去問を解くときは「なぜ他の選択肢は間違いなのか」まで説明できるように意識して学習を進めると良いでしょう。法学部を卒業している方の場合は、書店で基礎的なテキストを買って、独学で合格を目指すことも可能だと思います。

宅建の講座を利用すると効率的な学習によって、試験の対策もしっかりと行えるので合格を目指したい場合には最適です。